FC2ブログ

Oktave~オクターヴ~

ハチキン五人娘の音楽や高知Life

美術館

昨日はお友達とランチの約束があり、外出。私の家は郊外のほうなので、早めに出発したら ありゃまぁ〜(^^;;けっこう早くに到着し過ぎてしまいました。

車の中や先に店に入って時間を潰すのも 全然大丈夫なんですが、そうだ!せっかくだから美術館に行こう♪(^^)


今、高知県立美術館ではゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 をしています。コマーシャルで見たりして何故かずっと気になっていて行ってみたいなーと思っていました(^-^)



私は私自身を いつも子どもっぽいなーと感じているのですが(^^;;(仮にも芸術家やき仕方ないとタカをくくっている…笑)、とはいえ社会性もないと生きていけないし 自分にとって つまらない大人の部分もあります。


私は仕事上や私生活において 保育園〜小学生くらいの小さな子どもさんと接することが多く、いつも驚かされていて…(笑)

例えば、
《その①》保育園の課外マリンバ教室も担当しているのですが、ある日のマリンバレッスンでカホンを持って行って叩いてあげたら 小2の女の子が音に合わせて いきなり踊り始めて…!!(そこでは、小学生も教えています。)
すごいなー! いいな、いいなー!!
私はそういう感覚的なことやワクワクした気持ちが表れているのを見ると、すごく嬉しくなってしまうんですが(^^) しかも上手い!! ダンスレッスンを受けている子ではないと思うのですが、そういうのではない良さっていうか、今ここで生まれました!という即興的なものだと思います。

《その②》暮していると社会のために動かないといけないこともあり(^^;;、地域の子ども達をお世話するのを手伝ったことがあります。その時に たまたまその場に設置されていた電子ピアノを ある男児が弾きだして…。(勿論めちゃくちゃ(^^))色んなパーカッション的な音を組み合わせて アップテンポの上 大音量! 彼は乗ってきて、体を揺らしたり肩をすくめたりしてノリノリ♪ 演奏している様子が プロのミュージシャンのように様になっていて、えぇ〜!すごくいいけどー!!(^^)
その時の彼も忘れられないです(^-^)


とはいえ、子どもはいつも明るく単純ではありません。心のヒダが柔らかくて、何層もあります。繊細であり、傷つきやすく。。。大人として、子どもに接する時に『しまったぁ〜(・・;)』と思うことも少なくありません。なるだけ子ども扱いでなく一人の人間として接するようにしてる(自然にそうなってる)けど、それはそれで もっと子どもとして接してあげたほうがいい場合もあったりして、日々考え中〜(^^;;




話は美術館に戻りますが、展示を見て色んな箇所で感動して涙が出そうになりました。感動という言葉は非常に使いやすいですが、厄介でもあります。感動という言葉はどこでも溢れているというか(感動の沸点が低くなったという指摘も聞きますが(^^;;)う〜ん。
感動した理由は自分なりに分かっていることもあれば、何故かわからないこともありました。でも、それでいいのだと思います。

ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展 といっても、自分も子どもだったのだから…と思います。そういう観点で見ていると、それ分かるよなぁーとその頃の感覚が蘇ってくることもありました。

子どもを取り巻く現状は厳しい所もあるかもしれないが、時に孤独も大事にしながら たくましく厳しい目を持ってしっかり生きていっている…そういうことなど。。。他にもテーマは色々提示されていましたが。
今を生きる大人へのヒントにもなる、個人的には子どもの世界をもっと尊重して 子ども達と触れ合っていきたい・自分も子どもだった時の孤独と自由さを心にもっと持ちたい と、思いました。


けっこう見る所が多かったですので、これから行かれる方は 時間にユトリを持って行かれるといいかもしれません(^^)♪







ふみ

PageTop

マリンバいろいろ

お腹がすいてオヤツを食べましたが、まだお腹がすいています。夕飯何食べよう…(^^)

私の師匠のもとへ数時間かけて通っています。今日も行ってきました♪
遠いけれど よーし!!とあまり気合いを入れなくても、フラフラ〜と出掛けられるようになりました(^^) 勿論、レッスンを受けに♪♪


先日は良い機会をいただいてジャズフェスに出演しました。それも、自分なりには準備をしての参加ですが、フラリと〜♪
ジャズは楽しいしカッコいいと思う所もありますが、もっと自然な演奏ができるよう色々勉強もして行きたい所です。
ジャズフェスはなかなか熱気があります。こんなに沢山音楽好きの方がいらっしゃるんだなぁーとお客様の多さにもビックリ。色々と圧倒されまくっていました(^^)
運営スタッフの方々のご尽力もあるのだと思います。あと根強い人気グループや。。
いいですね〜。


さて、今日のレッスンでは2007年に初演されたマリンバの曲を勉強してきました。この曲を演奏するきっかけは特に大きなことはなかったのですが、弾いてみたら面白い! それに私にとって曲が難解過ぎないので、表現に注意をはらえそう。入り込めそう(^-^)
でも、技術的には必要なことが色々あり クリアできてないと演奏できない曲でもあるので、今の自分にピッタリなんじゃないかなーと楽しみになっています。

マリンバのために作曲された曲は、現代音楽っぽい表現や音の並びがあり 弾いていてクセになりそうな楽しさがあります。綺麗なんだけど怪しげであったり、唐突な箇所もあり 立派な作品であるけれども クレイジーな感じがあるなーと。(個人的見解です(^^;;)

でも、音楽を読み解いていくと心を打つような感情的な繊細な表現から 曲の波や構成が 立体化してきて、素晴らしいーと思います。ここまで自分だけでも楽譜の読み込みができるようになりたいものです(^^)







ふみ

PageTop

コンサート

今夜はお友達の演奏会に行ってました♪ 蔵でのコンサート(^^)

クラシックを身近に楽しんでもらうスタイルのコンサート。設備が整ってる蔵なので、自分だったら機材を駆使した派手な演出ばかり考えそうなのですが、彼女たちの演奏会は柔らかな電光に照らされて 奏者のお二人がそこにいるだけで成立する…という。。。(^-^) 何でしょう…オーラ的な 素敵な雰囲気が自然と醸し出されていました♪

あぁ。。。そこにいるだけで出来上がってるって、ホントにすごいな。素敵…としか言葉が見当たりません。…ボキャブラリー的に悲しい。。。(^^;;

ヨーロッパを巡るような演奏内容で、衣装も私の印象では中世ヨーロッパ的なドレス。オフホワイトの色合いの優しく気品があるお姿でした(≧∇≦)
…って、完全にファントークみたいですよね…\(//∇//)\



…自分だけじぁないと思うんですが、ワタクシ、日々悩んでるんですよぉ〜(^^;;
頭が暇してんでしょうかね。。。(笑)

悩むっていっても、もっぱら音楽のことです。こうしていく・あぁしていく・う〜む…と。緊張感も無きにしも非ず。…のわりには それほどMAXで動けているわけでもない…という苛立ち。。。(^^;;
いやぁ〜完全に自分の問題なんですがね(^^) 前から考えることはよくあったのですが、今はジワジワ出て来ている自分の思いであったり発想であったり そういうのを待ってる状況です。ジワジワと出て来るし、焦ってもそれは早すぎるように思うし、訳が分からずともかく熟考…みたいな(^^;;
よく言えば何かしたいことがあったり やる気の裏返しでもあるとも気付いていますが、自分としては褒められたもんじゃないです(^^;;。。。大人の階段上ってるんですかね、ツラいっす。。。(^^)



そんな自分の不安定な(?)状況も相まって、すごぉーく勉強にもなるし・勇気ももらえるし・この先の活動のイメージが湧くような素敵な時間を過ごさせてもらいました(^_−)−☆
あとお友達もとっても素敵でした。そういうのも嬉しいんだと思います。

張り切って演奏会に行って、張り切って帰宅したらお腹がすきました…。しかし、一奏者としまして年齢とともに増える体重がヤバい…と思い(自信を持って日々生きるためにも。。。(^^))、夜遅くには食べない…様にしてるのでガマンですなぁ〜(^^;; はははε-(´∀`; )








ふみ

PageTop

ライブ

先日とあるライブへ行ってました。今まであまりご縁が無かったジャンルなので お一人様…での行動にビビってしまい(^^;; 、お友達に懇願して一緒に行ってもらいました(^-^)♪

今まで現代音楽を知ってる様に人様に振舞ってきましたが(現代音楽を20年近くは演奏している…)、まだまだ知らない事が沢山あるなぁー…とフラットになった気分。。。ってか、恥ずかしー (//∇//)。。。 本当に知っていたのかなーという意味で(^^;; …いいんです、こういう風に必要のない鎧を砕いていけばよろしい。。。(笑)

…ということで、実はあまり詳しくはないのですが 恐らくミニマル・ミュージックという分野じゃないかなーと思います(^^)


なんていうか、音楽が上から目線じゃない所がいいなーと思いました。押し付けがましくない。
私は…というか、いわゆるパーカッションやマリンバなどの現代音楽は 自己満足になってしまってるんじゃないか…という残念な思いを近頃したことがありまして(人から聞いたりも)、私の中で一つの課題になっているんですが、そういう意味で自然な感じや自由さ(聴き手に)があるなーと。

あと、気持ち良くなってくるような。。。 フレーズが繰り返し繰り返しあることや一定のテンポのまま…というのは、安心感があるもんなんでしょうかね(^^) 胎内にいるようなこと?。。。

コンピューター的な音や加工されたような音は 音色がキツく聴こえるんじゃないかなぁーと思っていたけど、適度なボリューム音でも 音に違和感を覚えることがなく聴けました。

お友達とも話してたけど、聴き手がどういう風に聴いても その人の感じ方でそれでえいがよね…と(^-^)

私は宇宙的な…科学的な…刹那的な…イメージを勝手に抱きましたが、それは私が根っからの怖がり…だからでしょう(笑) 幼い時には蟻が怖い・打ち寄せる波が怖い子供だったようで…(^^;;


楽器での演奏も聴けて面白かった。聴きながら、自分が演奏する場合はリズムや決まったコードがあれば取っ掛かりとしては演奏できるのかな…と考えました。音楽の三要素、特にリズムが大事なことを教えてもらった気がしました。リズムが面白かったです、まるでパーカッションのようでもあり。。

翌日、ピアノを弾いていたら前よりリズムに意識がいってました(笑)。それだけでも、違う演奏に聴こえるから面白いもんで…(^^)



また機会があれば見てみたいなーと思います。色んな世界があることはいいと思います。違った方向から現在の自分(音楽)を見ることができるし、広がったことにより落ち着いて見れるようになるし、ゆとりが生まれると より自由になれる気がする。

でもでも、ビックリしたぁ〜(*^◯^*)






ふみ


PageTop

演奏会

今日は打楽器の演奏会を聴きに行ってました。ここ数日 高知は蒸し暑いような 湿度が高い感じで、私は自分の体調とも重なって 演奏会に行くまではしんどかった…のですが、演奏会 興奮しました!!

演奏者の素敵な所を見つけることも楽しいし、勉強になります。あと、最近私はあまりパーカッションはしていないのですが(マリンバ中心にしてて) でも同じ打楽器として嬉しい〜♪ってか(^-^)

自分が聴いたことがないプログラムもあり、色々知れることもいいし 自分が気に入った作曲家の作品は私もチェックしてみようかな〜とか(^^)


前衛的ってか、新しいことも色々されているように感じてアンテナ張り巡らしていました♪ そぉーでなきゃね、とも思います。人にどう思われるとかを考えること…を超越する、ってかね(^^) 最初は何でもそうだろうと思います。

正直、打楽器の音楽や世界観・現代音楽が お客様にどれだけ受け入れてもらえるのだろう…とも思います。それは自分が演奏した時の実感にも通ずる所がありまして…(^^;;

特に都会に比べて打楽器のコンサートって珍しいから。自分がマリンバで現代曲弾く時も…です。。


でも、面白いし 伝えようによっては 良さをもっと知ってもらえるかもしれないと思い、微力ながら自分ももっと勉強せねば…と思っておる次第です(^-^)♪









ふみ

PageTop