FC2ブログ

Oktave~オクターヴ~

ハチキン五人娘の音楽や高知Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

美術館

昨日はお友達とランチの約束があり、外出。私の家は郊外のほうなので、早めに出発したら ありゃまぁ〜(^^;;けっこう早くに到着し過ぎてしまいました。

車の中や先に店に入って時間を潰すのも 全然大丈夫なんですが、そうだ!せっかくだから美術館に行こう♪(^^)


今、高知県立美術館ではゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 をしています。コマーシャルで見たりして何故かずっと気になっていて行ってみたいなーと思っていました(^-^)



私は私自身を いつも子どもっぽいなーと感じているのですが(^^;;(仮にも芸術家やき仕方ないとタカをくくっている…笑)、とはいえ社会性もないと生きていけないし 自分にとって つまらない大人の部分もあります。


私は仕事上や私生活において 保育園〜小学生くらいの小さな子どもさんと接することが多く、いつも驚かされていて…(笑)

例えば、
《その①》保育園の課外マリンバ教室も担当しているのですが、ある日のマリンバレッスンでカホンを持って行って叩いてあげたら 小2の女の子が音に合わせて いきなり踊り始めて…!!(そこでは、小学生も教えています。)
すごいなー! いいな、いいなー!!
私はそういう感覚的なことやワクワクした気持ちが表れているのを見ると、すごく嬉しくなってしまうんですが(^^) しかも上手い!! ダンスレッスンを受けている子ではないと思うのですが、そういうのではない良さっていうか、今ここで生まれました!という即興的なものだと思います。

《その②》暮していると社会のために動かないといけないこともあり(^^;;、地域の子ども達をお世話するのを手伝ったことがあります。その時に たまたまその場に設置されていた電子ピアノを ある男児が弾きだして…。(勿論めちゃくちゃ(^^))色んなパーカッション的な音を組み合わせて アップテンポの上 大音量! 彼は乗ってきて、体を揺らしたり肩をすくめたりしてノリノリ♪ 演奏している様子が プロのミュージシャンのように様になっていて、えぇ〜!すごくいいけどー!!(^^)
その時の彼も忘れられないです(^-^)


とはいえ、子どもはいつも明るく単純ではありません。心のヒダが柔らかくて、何層もあります。繊細であり、傷つきやすく。。。大人として、子どもに接する時に『しまったぁ〜(・・;)』と思うことも少なくありません。なるだけ子ども扱いでなく一人の人間として接するようにしてる(自然にそうなってる)けど、それはそれで もっと子どもとして接してあげたほうがいい場合もあったりして、日々考え中〜(^^;;




話は美術館に戻りますが、展示を見て色んな箇所で感動して涙が出そうになりました。感動という言葉は非常に使いやすいですが、厄介でもあります。感動という言葉はどこでも溢れているというか(感動の沸点が低くなったという指摘も聞きますが(^^;;)う〜ん。
感動した理由は自分なりに分かっていることもあれば、何故かわからないこともありました。でも、それでいいのだと思います。

ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展 といっても、自分も子どもだったのだから…と思います。そういう観点で見ていると、それ分かるよなぁーとその頃の感覚が蘇ってくることもありました。

子どもを取り巻く現状は厳しい所もあるかもしれないが、時に孤独も大事にしながら たくましく厳しい目を持ってしっかり生きていっている…そういうことなど。。。他にもテーマは色々提示されていましたが。
今を生きる大人へのヒントにもなる、個人的には子どもの世界をもっと尊重して 子ども達と触れ合っていきたい・自分も子どもだった時の孤独と自由さを心にもっと持ちたい と、思いました。


けっこう見る所が多かったですので、これから行かれる方は 時間にユトリを持って行かれるといいかもしれません(^^)♪







ふみ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。