FC2ブログ

Oktave~オクターヴ~

ハチキン五人娘の音楽や高知Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンブレラ

一週間後、テルミン奏者が来高。地元のお寺でイベントがあります。そのオープニングアクトに出演するので、今晩もメンバーが集まり練習してました。そのメンバーは、父と母。はい♪両親です(^^)

私はコーラス担当したりカホンをちょいちょい叩いたりします。バンド名はKfami。ケイファミです。ファミリーのファミとKは我々の名字の頭文字。
私のことを知ってる人には、またふみちゃんが名前つけたがやろぉ〜(笑)と言われそうですが(^^)、いえいえ私の母が命名しました(^^;; 母と私はちょっと似てる回路(脳みそ的な…)がありまして、母いわく二人は双子だと…。…んなわけないですが、確かにテレポート的な感じが極似かも。。。(笑)



一昨日、地域のふれあい文庫の手伝いに行っていたら、そこのお宅が小学校時代の恩師のお家だった…! すっごくビックリしました。迷いながらたどり着いて『こんにちはぁ〜』と玄関口で呼んだら、出で来たご婦人に『ふみさん』と呼ばれ…。えっとえっと…どこでお会いしましたっけ?…と焦りましたが、素直にすっかり忘れていたことを認めましたです(^^;; 先生ごめんなさい(^^;;

その方は、私の担任の先生ではなかったのですが その当時のことをよく覚えておいででした。訪ねてからは しばらく私しかいなかったので、色々と先生のご活動の話やらお喋りさせていただきました。身なりも小綺麗になさっていて素敵でしたが、先生から出る味わいというか 教養の深さや人格が素敵で 良い出会いをさせていただいたなぁーと思います。

自分も年齢を重ねるとそうなれるのか…(^^;;、私が出会う素敵な先生たちは(師匠も含めて)千里眼をお持ちで かつ上品です。だから私が多くを語らなくても すぐに察して受け止めてくださいます。その上、優しい励ましの言葉をかけてくださる。

私は好きな方にはグイグイ近寄って行くタイプでもあり、久しぶりに再会した恩師のこともとっても気になっています。また先生宅にお邪魔しようかな。ご近所ですし。


そこでは、折り紙を教えてもらいました。折り紙を数枚使って傘を作りました(^-^)
あまり折り紙に得意感がないもので 内心冷や冷やしましたが(^^;;、先生が教えてくださるので 理解できてないのは失礼かと思い、頑張りました! 出来上がった傘(白地に大きめドット柄)を握りしめて帰宅するころには、とってもホクホクした気持ちになっていました♪ 自宅のレッスン室に飾りました。うん、いい!

いつまでも悩み多きお年頃(・・;)の私にとって、勇気づけてくれるようなプレゼントとなりました。写真撮って不安な時に見たらお守りになるんじゃないかな〜とふと思いましたが、それはしていません。。(^-^)








ふみ

スポンサーサイト

PageTop

悩み相談

朝の連ドラを見て「ジュテーム…」というシャンソンや ヒロインが生まれて初めて異性から「かわいいね」と言われて頭がいっぱいになっている…という様子が頭を離れないこの頃。。(笑)影響されてます…かしらね(^^;;


とはいえ、本日は自分の師匠の所にレッスンに行ってきて 今帰ってきている所です(^-^)

学ぶということは気づきの連続でもありまして、毎日小さな悩みを抱えて仕事をしておりますが…(^^;;、師匠に相談したら「気にしなくていいわよ。自分の勉強に集中したらいい。」と言ってくださいました。

確かに人相手の仕事をしていると、人を変えることはできないし・私の気持ちを押し付けるわけにもいけないんで、ついつい頑張ってしまうんだけども ここは我慢でございますね(笑)



昨日、たまに行くお手入れ会(化粧品屋さん)で顔に塗り塗りしてもらいながら、美容部員さんに愚痴り…(^^;;、悩み相談したら(リラックスしてつい話しちゃうんですよね)、彼女いわく教える仕事の人は皆頑張りすぎって。
それで病気になったりして乗り越えて、行き着く所は「突き離すこと」だと。突き離すのは良い意味で、見守るということみたい。

美容部員さんは私より2歳年下の方で いつも世間話的な軽い話を一緒にしてくれるんですが、昨日は女神様に見えました(*^^*)すごいなぁー、よく分かってらっしゃるんだなぁー。

でも見守るって一番難しいです。何かしてあげたくなる・言いたくなる…(^^;;のを、我慢我慢なわけです(^^)


今は頭がいっぱいだけど、いつか悟れる時が来るだろう。。。(^^)
それまで、色々と自分のことも集中しよう♪
勉強できる時にしっかりしとこうー‼︎…(^^;;
焦るなぁ〜。





ふみ

PageTop

忙しくなってきた

週末お天気が良かったので、ふんふん…バーベキューっぽいな(*_*)と第六感をクンクンさせておりました。当たらない時もありますが、その日はその通りになりました。

実家にお呼ばれして家族&親戚・近所の方とワイワイ肉を焼きました(^^)

久しぶりに花火もあり、ってか今年初めてかなぁー♪ 打ち上げるタイプも見たりして、手持ちの花火をしていたら『なんか魚焼きゆうみたいやね』と言われた…!(苦笑)

そぉかい〜?(^^;; 手持ちの花火が似合う可憐な乙女…じゃないんだ。。。(^◇^;)
ショックなようでもありますが、笑えた。いいかも!魚焼く感じが染み付いたヒト…悪くない(笑) だって毎日ご飯作ってるもんね〜〜。



近頃は夜に週2〜3回くらい両親と練習しています♪来月頭に地元のイベントに父と母と3人で出演するんです!
両親と演奏するのは久しぶりです。歌がメインのアコースティックバンド。私もボーカルってか、ハモって歌ったりしています(^^)(念願のボーカル…!笑) 後は私はパーカッションしたりね(^_−)−☆

グループとしての一体感を出すためもあり、あえての回数多く練習。だんだん良くなってきてます♪私もベストな表現できたらいいなぁ〜。


後は、来月末に私が担当している教室の発表会があるので もうそれが頭の大部分を占めています(^^;;
まだまだ準備を沢山しないといけないんで、もうちょっと気がぬけないなぁー。



さてさて今夜はこの辺りで…(-_-)zzz






ふみ

PageTop

美術館

昨日はお友達とランチの約束があり、外出。私の家は郊外のほうなので、早めに出発したら ありゃまぁ〜(^^;;けっこう早くに到着し過ぎてしまいました。

車の中や先に店に入って時間を潰すのも 全然大丈夫なんですが、そうだ!せっかくだから美術館に行こう♪(^^)


今、高知県立美術館ではゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 をしています。コマーシャルで見たりして何故かずっと気になっていて行ってみたいなーと思っていました(^-^)



私は私自身を いつも子どもっぽいなーと感じているのですが(^^;;(仮にも芸術家やき仕方ないとタカをくくっている…笑)、とはいえ社会性もないと生きていけないし 自分にとって つまらない大人の部分もあります。


私は仕事上や私生活において 保育園〜小学生くらいの小さな子どもさんと接することが多く、いつも驚かされていて…(笑)

例えば、
《その①》保育園の課外マリンバ教室も担当しているのですが、ある日のマリンバレッスンでカホンを持って行って叩いてあげたら 小2の女の子が音に合わせて いきなり踊り始めて…!!(そこでは、小学生も教えています。)
すごいなー! いいな、いいなー!!
私はそういう感覚的なことやワクワクした気持ちが表れているのを見ると、すごく嬉しくなってしまうんですが(^^) しかも上手い!! ダンスレッスンを受けている子ではないと思うのですが、そういうのではない良さっていうか、今ここで生まれました!という即興的なものだと思います。

《その②》暮していると社会のために動かないといけないこともあり(^^;;、地域の子ども達をお世話するのを手伝ったことがあります。その時に たまたまその場に設置されていた電子ピアノを ある男児が弾きだして…。(勿論めちゃくちゃ(^^))色んなパーカッション的な音を組み合わせて アップテンポの上 大音量! 彼は乗ってきて、体を揺らしたり肩をすくめたりしてノリノリ♪ 演奏している様子が プロのミュージシャンのように様になっていて、えぇ〜!すごくいいけどー!!(^^)
その時の彼も忘れられないです(^-^)


とはいえ、子どもはいつも明るく単純ではありません。心のヒダが柔らかくて、何層もあります。繊細であり、傷つきやすく。。。大人として、子どもに接する時に『しまったぁ〜(・・;)』と思うことも少なくありません。なるだけ子ども扱いでなく一人の人間として接するようにしてる(自然にそうなってる)けど、それはそれで もっと子どもとして接してあげたほうがいい場合もあったりして、日々考え中〜(^^;;




話は美術館に戻りますが、展示を見て色んな箇所で感動して涙が出そうになりました。感動という言葉は非常に使いやすいですが、厄介でもあります。感動という言葉はどこでも溢れているというか(感動の沸点が低くなったという指摘も聞きますが(^^;;)う〜ん。
感動した理由は自分なりに分かっていることもあれば、何故かわからないこともありました。でも、それでいいのだと思います。

ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展 といっても、自分も子どもだったのだから…と思います。そういう観点で見ていると、それ分かるよなぁーとその頃の感覚が蘇ってくることもありました。

子どもを取り巻く現状は厳しい所もあるかもしれないが、時に孤独も大事にしながら たくましく厳しい目を持ってしっかり生きていっている…そういうことなど。。。他にもテーマは色々提示されていましたが。
今を生きる大人へのヒントにもなる、個人的には子どもの世界をもっと尊重して 子ども達と触れ合っていきたい・自分も子どもだった時の孤独と自由さを心にもっと持ちたい と、思いました。


けっこう見る所が多かったですので、これから行かれる方は 時間にユトリを持って行かれるといいかもしれません(^^)♪







ふみ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。