FC2ブログ

Oktave~オクターヴ~

ハチキン五人娘の音楽や高知Life

リアル F実

昨日は 関西方面にお住まいのマリンバの先生宅に行って レッスンを受けてきました。音楽会があるからといってレッスンを受けるのは邪道…かもしれないのですが、やっぱり本番に向けて燃えるたちですので(笑)、そういう私を許しています。(自他ともに甘い人間です…はい (^-^)/ )


数多くレッスンに伺えるように 効率の良い高速バスを利用しました。
前日に夜行バスで出発 → 当日午前レッスン → 当日中にバスにて帰宅 コースで計画してみました。高速バスにまだ不慣れで、うーむ まだ上手な乗り方ができなかったなぁー(^^;;と思いますが(夜 ぐっすり眠れない・座席を倒すタイミングを逃す・暇をもてあます)、バスの感じは良かったので このコースで当分行くつもりです(^-^)


大人になっても勉強をするということは嬉しいことです。特に私の場合は 先生から人生を学んでる感もありますので、先生が方位磁石のようになって下さっています、私にとっては(⌒▽⌒)


私は深い意味はありませんが人生について時々考えることがあり、自分が老いるのもそう遠くないと実感しています。そして私は何ができるのだろう…と。音楽の仕事をスッパリ辞めて 別の仕事につく第2の人生について 想像してみたりも…。
やっぱり並大抵のことではないのだ…と思います。自分の理想は。そして私の先生のように沢山の人や音楽界に影響力がある人になるということは。

先生に あきらめてはいけない…に近い言葉をかけてもらいました。音楽にかける熱意があればできるよ…と。



朝テレビを見ていたら、人がストレスを感じた時にとる行動の 3つのFについてのコメント、面白かったです。
まずはフライ(逃げる)・次にフリーズ(かたまる)・最後にファイト(行動を起こす)、なのだそうです。

なるほどー! 恋愛において女性から軽くストレスをかけられた男性は(女性の気持ちや行動が重いなど)、フライするだろう。女性の不快な行動が増す・もしくはストレスフルな言葉を浴びせられたら フリーズ…か?など(笑)、とっさに頭に浮かびましたが、良いストレスにも引用できると思う。

例えば、1度目のレッスンで先生からご指導を受けて幸せなのだけれど、衝撃と あまりに自分がしなければいけないことが大変で ちょっと面倒・臆病になって、フライ・フリーズの過程を経て 近づいてきた2度目のレッスンに向けようやくファイトした F実さんのように。。!

面倒な話になってきましたが(笑)、私の実話。
でもファイトをしてからは強くなったと思います。良いストレスも感じて生きていこー。

練習しなきゃ…と思います。したいことのために。
それに 聴いてくれる人にも伝えたいから。








ふみ


スポンサーサイト

PageTop

音の文化カフェ

コントラバスのきよです。
ご無沙汰しております。
みなさま、いかがお過ごしでしょう?
私はなーんにも変わりなくすこぶる元気です✨

さて。

昨夜11/27木曜は
こうち音の文化振興会さん主催で
高知市の聖パウロ教会にて
音の文化カフェなるものが開催されておりました。

音の文化カフェ
かれこれ三年半ほど前から
毎月開催されているのです。

毎月ということで
ライブも多彩なジャンル
そしてライブだけではなくトークイベント
それも、音楽家が語る音楽だけでなく
それはもう毎月、なかなかに興味深い企画が目白押しなのです。

NPO法人こうち音の文化HP
http://www.otonobunka.com/rireki/cafe_rireki.html
こちらをぜひチェックしてみてくださいね。

して、今回は

音の文化カフェ祭り!
「高知の街の楽しい演奏家たち」と共に
「音楽の話題」や「街場の生の音楽」を楽しみましょう!

という素敵な企画だったのです。
まぁでも私としては
どうせ知った顔ばかりでしょ?的な。
それが、なかなかどうして!
久々に聴く音や、初めましてな音に
こころを鷲掴みにされるのでした。。

オープニングの私たちのジャズの演奏は
どうだったのか?わかりませんが...笑

アイリッシュ音楽。
アイリッシュ
それからオリジナル曲も披露されてましたが
なんとも言えない込み上げるものがありました。


そして三味線の方。
三味線
お名前は存じておりましたが、初めまして。
へ〜、おもしろい!

そうすると次なんて、知った顔、どころか
何だって?!
チャンゴ
韓国の太鼓、チャンゴというそうです。
高知にこんな珍しい楽器をされてる方がいるんだ。

お次は、思いがけず
ずーっと聴きたい、お会いしたいと思っていた
馬頭琴奏者!
馬頭琴
ホーミーは本当に驚きで
倍音を自在に操って、倍音でメロディーなんて!!
なんて、そちらばかりに注目しがちの私。
しかし、その馬頭琴の深い音色に
心打たれたのでした。

そうすると、次は二胡。
おしゃべりしたことのある彼女の演奏を
初めて聴くことができて嬉しかったのでした。
二胡 ブギウギ
クラシックもあり
ブギウギピアノもあり

行くかどうか迷っていましたが
行って本当によかった!

そうこうしていると、いつの間にか
ジャズ研で頑張っている若い子ちゃんたちも
たくさん集まっていて
セッションや、なんだか自由に練習が始まったり
何なんだかねー🌀
おもしろい空間になっておりました。

そんなことで、どさくさ紛れに
こんな来年のコンサートのフライヤーなどを
ばら撒いてきたのでした。
2014112811191965c.jpg

はっはっは!!ψ(`∇´)ψ

3月15日(日)14時はイオンのライラホールに、ぜひ!!


きよ

PageTop

あれやこれや

もう11月かぁ〜…って、もう年末近し!!!

秋は何かと気忙しいものですなぁ〜。自分はそれほどイベント事が無かったとしても、周りが何やらかんやらで なんか忙しいを体感…みたいな(⌒-⌒; )

近頃言われたのは、恒例だった公共の場でのイベント演奏に 今年はお声がかからず出演しなかったのですが、出演しなかったことに反響があったこと…だなぁ。見たかった・聴きたかった…ってね(^^) 私の演奏目当てに足を運んでくれた人もいたらしく、私の知らない人からも そういう声があったと聞きました。

みなさん残念でした〜!…って、いやいや ありがたいことです(^^) そういうパターンもあるのね…って驚きとともに 嬉しかったです(^-^)♪ 自主企画のコンサートだけでも 近頃の自分は満足してる感がありますが(好きなようにやってる)、やっぱそう考えると色んな方の目にとまる場でも また演奏できたらいいなぁーと思います。
お子さんが小さかったりして わざわざコンサートにまでは行けないって方も中にはいるので、誰にでも楽しんでもらうというスタンスで演奏する場があると お客さんにも喜んでもらえるんだなーみたいな(^_^) …う〜ん 日本語が変になってきたぞ(笑)


そうそう、それで思い出したけど、フィギアスケートのあるコーチが言ってた。自分は 普及部、と。
その言葉にめっちゃ感銘を受けました。なるほどぉー!と。感銘もあるけど 自分と照らし合わせて納得したという。。。
私は実は 凄く偉い立派な先生になることを目指していたけど、現実 私の教室では小さい子供の生徒さんが多く レッスン内容も楽しく力をつけていく感じなので、そのギャップに いいのかなぁ〜…と思うことも しばしばでした。
でも、『普及部』だととらえると すごく納得できるようになりました! 凄い指導者になりたい…それは今でも思うけど、今までずっとできているのは 生徒さんを楽しませること だと思う(もちろん完璧じゃないけど、ほとんど成功してる気がする…)。楽器を通じてもそうだし、レッスンの雰囲気とか。
あと、講師だけに留まらず 演奏もしてるし。それも普及だぁーーー。


なんか色々難しいですよね(^_^*)
自分で こうだ!と思い過ぎても 自分を狭めたり縛るようでもあるし…。でも、こうだ これでいいんだ…とも時には思いたい。

いい歳ではあるんだけど ここにきてだんだん社会人らしくやっとオトナになってきた気がする。でも、まだまだ分からないことが沢山。特に自分のことは…(笑)


手を動かしていたらいいんだと…分かっているのですが。マレットを持って 手を動かすのだー(^^;;


月末、またマリンバのお勉強しに遠出するんです(=゚ω゚)ノ 練習が不十分なんで、気合の入った1週間を過ごすんでしょうなぁー。








ふみ

PageTop